てんかんに苦しむ男性とテグレトールの袋の写真

テグレトールの作用機序はまだハッキリとしていません。脳の活動を抑える働きがあり、てんかんや三叉神経痛などの病気に使われています。また気分安定薬としての効果もあり病気の治療以外にも効果を発揮しています。

テグレトールで発作に対処しようの2016年11月記事一覧